気になる有機ゲルマニウムのお話

本当なの?ガン(癌・がん)と有機ゲルマニウム

ガン(癌・がん)と有機ゲルマニウムの関係 ~その1~

ガン(癌・がん)のメカニズム

「私たちの体内では、日常的に数千個のがん細胞が作られています。」こう聞くと、ぎょっとされる方も多いのではないでしょうか。でも、事実なのです。

では、どうして「ガン(癌・がん)になる人」と「ガン(癌・がん)にならない人」がいるのでしょうか?

それは、その人の「免疫細胞」によるものなのです。
私たちの体の免疫細胞は、このガン(癌・がん)細胞が集結する前に攻撃して倒してくれるのです。
つまり、現在私たちが元気に毎日を過ごしている間にも、体の中ではがん細胞と免疫細胞の戦いが繰り広げられているのです。
ガン(癌・がん)細胞はひとつひとつでは体に影響はありませんが、この細胞が集まりはじめたときが「ガン(癌・がん)」という病気の一歩なのです。

それでは、ガン(癌・がん)に罹ってしまった人はこの免疫細胞が無くなってしまったのでしょうか?
いいえ、違います。ガン(癌・がん)になっていない人より免疫細胞が弱ってしまったため、ガン(癌・がん)細胞が集結してしまったため、ガン(癌・がん)という病気が発生してしまったのです。

では、免疫細胞はなぜ弱まったのか?どうすれば強くできるのか?
ここで登場するのが『有機ゲルマニウム』です。

効能は免疫活性、ガン(癌・がん)を治すわけではない。

有機ゲルマニウムは、「インターフェロン誘発」の項でも軽く触れたとおり、免疫細胞「T細胞」を刺激し、体内で「インターフェロンγ型」が産生される働きを助けてくれます
この「インターフェロンγ型」こそが、私たちが「ガン(癌・がん)と戦う」うえで重要なのです。

インターフェロンγ型は、ガン(癌・がん)細胞を破壊するリンパ球「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」ガン(癌・がん)細胞などの異物を捕食する「マクロファージ(貪食細胞)」の活性をあげてくれます。
更に、T細胞の活性も高めてくれるので下図のような循環が生まれます。

免疫細胞が活性化すると、まだ集結していないガン(癌・がん)細胞はもちろん
初期のガン(癌・がん)などにも、著しい効果を発揮することもあります。
中期のガン(癌・がん)についても、腫瘍の縮小や転移を抑えた例も報告されています。

抗がん剤の副作用など

更に、抗がん剤などで現れる苦しい副作用もまったくありません。
抗がん剤は、ガン(癌・がん)細胞に対する効果も高いのですが、それと同じぐらい「正常な細胞」にも攻撃をしてしまい、頭痛、嘔吐、吐き気、倦怠感、うつ状態など様々な副作用が現れてしまいます。
有機ゲルマニウムは、前述の通り「元から備わっている体の免疫細胞を活性すること」でガン(癌・がん)細胞を攻撃するので、抗がん剤のような激しい副作用が起こる心配が無いのです。
これは後述する、患者さんの「QOL(クオリティオブライフ)」の点についても非常に重要なことです。

最強の免疫賦活剤

ガン(癌・がん)の治療に医療機関で汎用されている、「ピシバニール」という免疫賦活剤(免疫力を高める薬)があります。
抗がん剤と違い、副作用が少ないという理由で「夢の免疫賦活剤」として活躍している薬ですが、有機ゲルマニウムは、このピシバニールよりも優れた効果を示したケースがあります。

白血病を起こすウイルスを注射したネズミに、ピシバニールを投与します。
すると、白血病の発症は抑えられました。しかし、このネズミはウイルスを注射される前にピシバニールを投与されていたネズミだったのです。
一方、ウイルス注射後のみにピシバニールを投与されたネズミの発症は抑えることができませんでした。

有機ゲルマニウムは、あらかじめ投与しなくても白血病の発症を遅らせる効果が見られました。しかも、あらかじめ投与しておけば、更に効果が高まることが明らかになったのです。

つまり、有機ゲルマニウムはガン(癌・がん)予防、ガン(癌・がん)治療の現場において心強い味方といえるでしょう。

>>ガン(癌・がん)と有機ゲルマニウムの関係 ~その2~