気になる有機ゲルマニウムのお話

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫

筋腫年齢は、20~40歳代まで広がっています

子宮筋腫の平滑筋が異常に増殖する良性腫瘍。子宮筋腫は30~40歳代の女性の20%が疾患していると言われています。また近年では、初経年齢や弱年化している為、20歳前半の女性にも発見がみられます。

食事や生活環境の欧米化などで体格の向上により初期年齢が早まっていることにより筋腫ができる環境が早い時期に整うことにあると言われています。

症状と種類

子宮筋腫にかかると、子供ができにくい・流早産しやすい過多月経・月経困難症・月経痛・腰痛・下腹痛・腹部圧迫感・不正出血の他、めまい・たちくらみなどいわゆる貧血症状など様々な訴えをもちます。筋腫のできる場所によっては、大きなものでも無症状のものもあります。

子宮筋腫が子宮の中のどの部分にできるかによって症状や治療の方法も違います。

子宮筋腫が子宮の中に埋まっているような場合、これを筋層内筋腫と呼びます。また、粘膜下筋腫が子宮にあることから粘膜下筋腫と呼びます。また、粘膜下下筋腫が子宮の内膣にどんどん押し出されると子宮の入り口から膣の方に顔を出してきます。これを筋腫分娩と呼びます。

子宮筋腫

>>高血圧